東洋プリディア株式会社

「第40回信用金庫PRコンクール」で優秀賞を受賞

東春信用金庫 様

ポスター
その他
多くの人に知って欲しい


東春信用金庫様の2021年カレンダーが「全国信栄懇話会主催 第40回信用金庫PRコンクール」カレンダー部門で優秀賞を受賞しました。

小牧の重大発見をメインビジュアルに

東春信用金庫様の主要営業地区の一つである愛知県小牧市。その小牧市にある小牧山城に関わる※重大発見が近年あり、是非その内容のカレンダーにしてほしいと東春信用金庫 鈴木理事長のお話から制作を開始しました。


※長きにわたる発掘調査によって、従来の城と同じく土で作られたとされてきた小牧山城から石垣が出土し、小牧山城こそが石垣や天守をもつ近代的な城のルーツであることが判明した。

伝えたいことを伝えつつ目を引くデザイン

目を引くものにするため、中央に大きく当時の地図のイラストを配置しました。
小牧山城が「信長が初めて築いた城」、「全国初の石垣・城下町」という情報は希少価値が高く全国的にあまり知られていないため、それが伝わるようにイラストの周りに写真とともに配置し、テーマである小牧山城と織田信長に合わせ、渋めで落ち着いたトーンの赤や雲のモチーフを使用し和を連想させるデザインにしました。
メインビジュアル「築城当時の小牧山城推定想定図」を大きく見せられるよう日付表示は機能的に配置し、メインビジュアルとの両立を意識した現在のレイアウトにしました。

何度も読み返したくなるコラムを

ビジュアルの中にあるコラムは、「小牧市歴史館」や「れきしるこまき(小牧山城史跡情報館)」にて資料や情報を収集し、小牧市役所に勤める小牧市教育委員会の専門員の方にお話を伺い、その方が執筆された文献を参考にコラムを作成しました。
東春信用金庫様と制作を進めていくなか、小牧山城が全国初の石垣の城であり城下町であったという事実が小牧山城の歴史的価値の高さを伝え、東春信用金庫と小牧市を全国にアピールすることに繋がると考えたため、その部分に着目したコラムとなっています。
書き起こしたコラムに適切でない表現が含まれていないかなど、その後も専門員の方とこまめにやりとりをさせていただき、全体を監修していただきました。
デザイン性を損なわない文字数の中で、伝えたい事実も多く、かつ読み応えのある内容を落とし込むということを目標とし制作しました。

一覧に戻る