東洋プリディア株式会社

情報発信と認知向上のための展示会ブースデザイン

株式会社中部テクノ 様

ディスプレイ
その他
多くの人に知って欲しい



2021年6月1日(火)~4日(金)の4日間、愛知スカイエキスポで開催された「FOOMAJAPAN2021(2021国際食品工業展)」にて、株式会社中部テクノ様(以下中部テクノ様)のブース出展をお手伝いさせていただきました。
中部テクノ様は、冷凍・冷蔵・空調・食品の低温流通をトータルサポートする企業です。
"食の安全・安心に関心が高まる中、冷凍冷蔵技術を中心に食品業界に関わるものとして情報発信と認知向上を目指す"ことを目的とし出展されました。
中部テクノ様のコンセプトをもとに、テーマロゴ、ブースデザイン、当日配布するチラシを弊社にて制作させていただきました。

コンセプトに沿ったロゴ

ブースのコンセプトは、「FOOD WASTE 0 MISSION ~無駄を宝に変える環境づくり~」です。
食品の無駄な廃棄を減らし、それでもなお出てしまう廃棄物を自然に還すことを意味します。
環境のことを考え抜いたテーマを、タイポグラフィで表現したロゴと、食品(食生活)と自然界の繋がりをグラフィカルに表したデザインを組み合わせて制作しました。

ブース内の区分けをわかりやすく

ブース内は「UVCソリューションエリア」、「鮮度保持・長期保存・冷凍エリア」、「廃棄物循環エリア」の3つのエリアに区分けしました。 壁面と床のデザインをエリアごとにはっきりと区切ることで、看板などを入れることなく、テーマごとにどの商品がどのエリアに該当するかを明確に表現しました。
ブースデザインは中部テクノ様と3DCGの画面を共有しながら制作を進めていくことで、より正確にお互いのイメージをすり合わせることができました。

来場者の印象に残るデザイン

FOOMAJAPAN2021には600社以上もの企業が出展しました。
数多くある展示の中で中部テクノ様のブースをしっかりと見ていただけるように、ブース内と会場通路の導線を考えながらブースをレイアウトしました。
壁面の小さくて長い文章は、来場者にあまり読まれない傾向にあることを考慮し、 文字を多く入れすぎないようにするなど見やすさを重視し、いただいた資料の中から壁面とパネルに入れる内容やキャッチコピーを整理しました。
今回の展示会で、中部テクノ様の主力商品である「UVCランプ」の認知向上は最大の目的でもありました。
視覚的なインパクトも含めUVCソリューションエリアの壁面にランプの画像を大胆に大きく載せ、プロジェクションマッピングのような雰囲気を演出しました。

期間中、多くの方にブースへお越しいただき、 今まで「中部テクノ様」「UVCランプ」のことを知らなかった方にも存在を知ってもらうことで"食の安全・安心に関心が高まる中、冷凍冷蔵技術を中心に食品業界に関わるものとして情報発信する"という目的を達成することができました。

一覧に戻る